週刊 あはきワールド 2010年4月21日号 No.180


AP0からAZPへ

第8回あはき師のための在宅ケア実践セミナー開催される

鍼灸マッサージ師が行っている在宅ケア(在宅マッサージ)のバイブルともいえる『あはき師のための在宅ケア実践マニュアル』をテキストにして、在宅ケアで用いる基本テクニックを丸ごと伝授する「あはき師のための在宅ケア実践セミナー」が4月10、11の両日、東京・新宿区の東洋鍼灸専門学校で開催された。

 第8回目となった今回のセミナーも、元気いっぱいの大阪のおばちゃんこと、西村久代氏が2日間にわたって、丁寧に実技指導を行った。2日間のセミナーを通して、受講生は解剖学的肢位(Anatomic 0〔Zero〕 Position:AZP)で施術したときとAZPを外して施術したときの違いを体で覚えながら、みるみる上達していった。

セミナーの様子は以下(写真)の通り。



過去のセミナーでは「解剖学的肢位」の英語表現(表記)は“Anatomic 0〔Zero〕 Point”、また略称は言いやすさから“AP0(エーピーゼロ)”が用いられてきたが、今回から“Anatomic 0〔Zero〕 Position”(略称は“AZP”)が使用されることになった。また、セミナーでの説明などに用いる通称は「ゼロポジション」あるいはもっと縮めて「ゼロポジ」が用いられていた。


 次回の在宅ケア実践セミナーは↓↓↓

第8回あはき師のための在宅ケア実践セミナーのご案内
2010年10月開催予定
日時 2010年10月(日時は只今調整中)
内容 あはき師のための在宅ケア実践マニュアル 』をテキストにして“解剖学的肢位理論に基づく在宅ケア”の実技習得を目指す
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 準備中