週刊 あはきワールド 2012年4月11日号 No.276


AZP理論を体で覚えれば、
しっかりとした実技が身につく!

第12回あはき師のための在宅ケア実践セミナー開催される

今回で12回目となる「あはき師のための在宅ケア実践セミナー」が3月10、11の両日、東京・新宿区の東洋鍼灸専門学校で開催された。『あはき師のための在宅ケア実践マニュアル』の著者で、在宅ケアのパイオニアである西村久代氏が鍼灸マッサージ師が在宅ケアを行ううえで必要な基本テクニックを熱心に指導した。

 セミナーではまず、いつものようにAZP(Anatomic 0〔Zero〕 Position=解剖学的肢位)理論を体でしっかり理解してもらうことに重点が置かれ、それを踏まえて、丁寧な実技指導が行われた。単に座学ではなく、AZPを体感しながら理解するため、受講者の呑み込みも早く、実技を着実に身につけていていた。

 セミナーの様子は下記の写真の通り。



あはき師のための変形徒手矯正術セミナー
日時 2012年7月初旬開催予定(調整中)
内容 AZP理論に基づく変形徒手矯正術』をテキストにして療養費(保険)取扱の基本事項から変形徒手矯正術の実技までを学ぶ
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 準備中