週刊 あはきワールド 2013年1月16日号 No.312


関節リラクゼーションテクニックや
トランスファーテクニックも
AZPで施術すれば効果が上がる!

第13回あはき師のための在宅ケア実践セミナー開催される

あはき師のための在宅ケア実践マニュアル』の著者で、AZP(Anatomic 0〔Zero〕 Position=解剖学的肢位)理論に基づく在宅ケアテクニックで有名な西村久代氏を講師に迎えた「あはき師のための在宅ケア実践セミナー」が昨年12月15、16の両日、東京・渋谷区の山野医療専門学校で開催された。西村氏が鍼灸マッサージ師が在宅ケアを行ううえで欠かせない基本テクニックを熱心に指導した。

 同セミナーは今回で13回目。西村氏はまず、AZP理論を受講者自身が自分の体でしっかり理解することに重点を置いて講義を進めた。そして、受講者にAZPとAZPでない肢位での施術効果の違いを体感してもらいながら、関節リラクゼーションテクニックや座・シッティングテクニック、トランスファーテクニックなどの在宅ケアテクニックを丁寧に指導していった。セミナーの様子は下記の写真の通り。

 次回は4月に行われる(詳細はこちら)。



あはき師のための変形徒手矯正術セミナー
2013年2月開催
日時 2013年2月17日(日)12時30分~17時30分(受付12時10分~)
内容 AZP理論に基づく変形徒手矯正術』をテキストにして療養費(保険)取扱の基本事項から変形徒手矯正術の実技までを学ぶ
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer032.html

第14回あはき師のための在宅ケア実践セミナー
2013年4月開催
日時 2013年4月6日(土)16時~20時(受付15時30分~)
2013年4月7日(日)10時~17時(受付9時40分~)
内容 あはき師のための在宅ケア実践マニュアル 』をテキストにして“解剖学的肢位(AZP)理論に基づく在宅ケア”の実技習得を目指す
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer035.html