週刊あはきワールドへようこそ!

2008年8月20日号 No.98



鍼灸師・あマ指師国家試験問題(過去問)を楽しく学ぶ

チカラ試しYes No クイズ(7)

 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家試験で過去に出題された問題をアレンジし、イエスかノーで答えるクイズをつくりました。次の問題を読み、YesかNoで答えてみてください(YesとNoのうち、正解だと思った文字をクリックすると、正解ならこのページにとどまれます。不正解なら別のページに飛ばされますので、ご用心!)。これからあはき師をめざす学生の方はもちろん、すでに国家資格を取得しているベテランあはき師の方も全問正解できるかチャレンジしてみては?

 なお、クイズを始める前に留意事項を1つ。トップページを経由せず、ダイレクトにこのページにアクセスされた方は一度トップページを経由して、改めてこのページにアクセスし直してから、クイズにチャレンジしてください。その方がよりクイズを楽しめます(トップページは≫≫ こちら)。

 また、視覚障害者の方はこちらの問題をどうぞ≫≫Click Here!

問31(は16-12)

①施術所の開設届②免許取消しによる免許証の返納③本籍地の変更④失踪宣告による名簿消除のうち、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律で5日以内に行わなければならないのは「②免許取消しによる免許証の返納」である。
Yes  No

問32(は16-40)

①唾液分泌②味覚③記憶④協調運動のうち、海馬の機能は「④協調運動」である。
Yes  No

問33(は15-53)

①糖尿病性昏睡②肝性昏睡③尿毒症④乳酸アシドーシスのうち、アセトン臭がみられるのは「①糖尿病性昏睡」である。
Yes  No

問34(は14-106)

①肝――汗をよくかく②脾――肌肉がやせる③肺――体臭が生臭い④心――顔色が赤い、のうち、五臓とその症状との組合せで誤っているのは「④心――顔色が赤い」である。
Yes  No

問35(あ16-20)

①広背筋―上腕骨②前鋸筋―肋骨③梨状筋―仙骨④腓腹筋―脛骨のうち、筋とその付着部との組合せで誤っているのは「③梨状筋―仙骨」である。
Yes  No

( )内は原問題がいつ、どの国家試験に出題されたかを示す。「カナ」は資格の種類(「は」は「はり師・きゅう師」、「あ」は「あん摩マッサージ指圧師」)、カナの後の数字は第何回の国家試験か(16なら「第16回」)、「-」の後の数字は「問題の番号」を意味する。
例)は16-1:第16回はり師・きゅう師国家試験・問題1

クイズの正解がNoだった場合、①~④のどれが正しいのか、解答を確認したい方は次の「セミナーのご案内」の下をご覧ください。


第1回
抗重力療法セミナーのご案内
日 時 2008年9月7日(日)13時~~17時(受付12時30分~)
会 場 東洋鍼灸専門学校(東京都新宿区)
定 員 16人(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講 師 内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)
詳 細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer011.html


第5回あはき師のための在宅ケア実践セミナーのご案内
9月20,21日開催
 あはき師による在宅ケア(訪問リハビリ、在宅マッサージ)の需要がグンと伸びています。これから始めようと思っている「あなた」。自分の手技に自信がありますか?
 在宅ケアで用いる手技は揉捏や軽擦などのマッサージテクニックだけでは十分ではありません。寝たきり患者を寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと導くリハビリテクニックや、術者だけの力で移動させるトランスファーテクニック、床ずれ防止のための良肢位の保持テクニックなどの在宅ケアテクニックを身に付けなければなりません。
 さて、その在宅ケアテクニックとして今もっとも注目されている手技が、在宅ケアのスペシャリスト、西村久代氏が創案した「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」です。このテクニックを習得すれば、寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと患者をスムーズに導くことができ、より早く、より安全に寝たきり患者を歩かせることができるようになります。
 さあ、あなたもこの「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」をマスターしませんか。このテクニックを基本からしっかり学び取れるセミナー(ヒューマンワールド主催)が9月20、21日の両日、東京都新宿区の東洋鍼灸専門学校で開催されます。西村氏が直接、懇切丁寧に指導してくれるので、確かな技術が身に付きます。
詳細はこちら≫≫ Click Here!

■正解(Noのときの解答)

問31:Yes
問32:No(③記憶)
問33:Yes
問34:No(①肝――汗をよくかく)
問35:No(④腓腹筋―脛骨)



トップページにもどる