週刊あはきワールドへようこそ! 2012年7月25日号 No.290


鍼灸師・あマ指師国家試験問題(過去問)を楽しく学ぶ

チカラ試しYes No クイズ(197)

 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家試験で過去に出題された問題をアレンジし、イエスかノーで答えるクイズをつくりました。次の問題を読み、YesかNoで答えてみてください(YesとNoのうち、正解だと
思った文字をクリックすると、正解ならこのページにとどまれます。不正解なら別のページに飛ばされますので、ご用心!)。これからあはき師をめざす学生の方はもちろん、すでに国家資格を取得しているベテランあはき師の方も全問正解できるかチャレンジしてみては?

 なお、クイズを始める前に留意事項を1つ。トップページを経由せず、ダイレクトにこのページにアクセスされた方は一度トップページを経由して、改めてこのページにアクセスし直してから、クイズにチャレンジしてください。その方がよりクイズを楽しめます(トップページは≫≫ こちら)。

 また、視覚障害者の方はこちらの問題をどうぞ≫≫ Click Here!

問981(は20-2)

①守秘義務がある②患者の要求を優先する③情報提供と説明を十分に行う④援助者としての立場をとる、のうち、医療従事者の倫理について適切でないのは「④援助者としての立場をとる」である。
Yes  No

問982(は15-56)

①疼痛性跛行――変形性股関節症②間欠跛行――閉塞性動脈硬化症③失調性歩行――パーキンソン病④アヒル歩行――先天性股関節脱臼のうち、歩容と疾患との組合せで誤っているのは「④アヒル歩行――先天性股関節脱臼」である。
Yes  No

問983(は20-89)

①肩甲帯――下制②肩関節――内旋③肘関節――屈曲④前腕――回内のうち、上肢の屈筋共同運動で正しい組合せは「③肘関節――屈曲」である。
Yes  No

問984(は19-130)

①郄門②支正③上廉④小海のうち、母指、小指の対立運動が困難となる運動麻痺に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのは「①郄門」である。
Yes  No

問985(あ20-137)

「60歳の女性。歩行により左股関節部に重だるさと軽い痛みが生じる。エックス線検査により変形性股関節症と診断されている。自発痛や熱感・腫脹はない。患肢で片脚立ちさせると反対側の骨盤が下がる。」
この文で示す症例について、この徴候は①ケルニッヒ徴候②ケンプ徴候③トレンデレンブルグ徴候④ブルンベルグ徴候のうち、「②ケンプ徴候」である。
Yes  No

( )内は原問題がいつ、どの国家試験に出題されたかを示す。「カナ」は資格の種類(「は」は「はり師・きゅう師」、「あ」は「あん摩マッサージ指圧師」)、カナの後の数字は第何回の国家試験か(20なら「第20回」)、「-」の後の数字は「問題の番号」を意味する。
例)は20-1:第20回はり師・きゅう師国家試験・問題1

クイズの正解がNoだった場合、①~④のどれが正しいのか、解答を確認し
たい方は次の「セミナーのご案内」の下をご覧ください。

手渡しで伝えたい「情報コーディネート鍼灸」セミナー
日時 2012年10月14日(日) 13時~17時(受付12時30分~)
内容 手渡しで伝えたい 情報コーディネート鍼灸』の著者が提唱する「情報コーディネート鍼灸」の理論と技術
講師 宮村健二(あんしん堂鍼灸院院長)
会場 東京都内
詳細 準備中

■正解(Noのときの解答)
問981:No(②患者の要求を優先する)
問982:No(③失調性歩行――パーキンソン病)
問983:Yes
問984:Yes
問985:No(③トレンデレンブルグ徴候)

鍼灸師・あマ指師国家試験問題(過去問)を楽しく学ぶチカラ試しYes No クイズ



トップページにもどる