ヒューマンワールドは鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師のための週刊「あはきワールド」を発行している出版社です。

週刊 あはきワールド
配信登録

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。毎週水曜日に週刊「あはきワールド」をお届けします。
登録・配信料は一切かかりません。

ヒューマンワールドのオリジナル書籍のご案内

タオ指圧、究極の経絡メソッド~指圧史上はじめての施術法~[DVD付]

タオ指圧、究極の経絡メソッド~指圧史上はじめての施術法~[DVD付](遠藤喨及著)著者:遠藤喨及
定価:3,456円(本体3,200円+税)
判型:B5
頁数:140頁
発行:2013年8月

ISBN978-4-903699-44-8






週刊「あはきワールド」に会員登録すると、ヒューマンワールド発行の出版物をご注文の際、会員限定のサービスがご利用になれます! 詳細は≫≫ こちら

本の紹介

 東洋医学に従事する者にとって、ふつう「経絡」というものは、古典を拠り所として伝えられているもの、すなわち鍼灸学校等の教科書に書かれているそれである。だが、タオ指圧で臨床実践されている経絡は、伝えられている経絡とは明らかに違う。

 著者は、伝えられている経絡の不明瞭さと、自らの臨床実感とのギャップに悩んだ末、仏道修行によって得た、宇宙大霊の実在体験を土台として、タオ指圧を生み出した。「仏道修行によって宇宙大霊を体験すると、人は、目に見えず触れることもできない“空(くう)の世界”を体感する。この世界に入ることで、はじめて経絡の証診断が可能となる。タオ指圧の心技は、すべてここから生まれた」という。

 では、タオ指圧が言う経絡とは何か。著者は、本書の「序文」でこう語る。

 「そもそも経絡は、五感を超えた存在であり、言語化することが不可能な領域に属するものである。

 五感を超えた存在だということは、経絡が、肉眼では見えないし、触覚では捉えることもできない、ということだ。

 また、これの真の実体は、言葉にして説明することができない。すなわち経絡は、冷暖自知(寒いも温かいも、自分が感じることでしかわからない)で、わかる人にしかわからない世界に属するものなのである。

 だから、もし人が、五感を超えた世界を感知せず、実感のないまま経絡を語ろうとするならば、それは机上の学問とならざるを得ない。そしてそれが、経絡が不明瞭に伝えられてきた原因に他ならないのである。

 繰り返しになるが、経絡は、虚の領域に属する“目に見えず、触覚で感じることもできない”もの。だから、これまでのような、ありきたりの説明や手段で、人が経絡の実態がわかる道筋をつけることは不可能である。

 もっとも、だからと言って経絡が、有るか無いかわからない茫漠とした存在だというわけではない。その実体は、生き生きと実在している。

 だから人は、五感を超えた世界に入ることで、経絡が観えるようになるし、実感することもできるようになる。患者さんの治癒を、経絡を通して実証することもできるのである」

 著者は今までに、世界12カ国で講習やワークショップを行い、人々の眼前で経絡治療の効果を見せてきた。その結果、現在、タオ指圧は世界8カ国に広がり、手技による経絡の治癒効果が、日々各地で実証されているという。

 『タオ指圧、東洋医学の革命~証診断と経絡臨床の真実~』の姉妹版として書かれた本書は、四半世紀以上の積み重ねによって成立した、世界各地で実践されるタオ指圧/修養トレーニングの一部を、体系的に著したもの。「第1部 実在する経絡」「第2部 経絡、その実感への道」「第3部 ツボは気のからだにある」「第4部 超特穴と基本手技」「第5部 タオ指圧の本質と史上初の手技」の5部構成で、タイトルにあるように、まさに“究極の経絡メソッド”である。

●関連記事(週刊あはきワールド 2013年8月7日号 No.339)
『タオ指圧、究極の経絡メソッド』へのいざない
「タオ指圧」関連書の最後の一冊
~『タオ指圧、究極の経絡メソッド』の「あとがき」より~
/遠藤喨及

目次

第1部 実在する経絡

 第1章 経絡を診るのは心である

時代は経絡を認知した/経絡治療を伝えるのは至難の技/心の中にある経絡/他者の苦しみが“わがこと”になる/タオ指圧の心技を言語化する/経絡感応とは?/経絡が反応する心とは?/共感的想像/癒しは生命が起こす/望診と気遣い/気の虚実を診断する/証診断を生む心/全身の反応でわかる経絡/体験講習・修練コースの風景/時代は変わりつつある/治療デモンストレーション/ハワイ講習での症例/治療者としての矜持/15年に一度の失敗/臨床はアート

 第2章 経絡はたましいが癒す

常識への囚われを捨てる/ツボと経穴/共感的想像/ツボは共感を必要としている/虚は衝いてはいけない/たましいの入り口に立つ/たましいの器


第2部 経絡、その実感への道

 第3章 誰でも気を体感できる道

心は現象を変えるか/全体性の医療を基準に/補完・代替医療/存在とはたましい/気の体感/気の融合/自己の感覚としてはわからない/患者さん主体の医療/経絡の感応/心を深める

 第4章 経絡は心の修行

ツボの感応と結心/ツボの感触/経絡と心の修行/主客分離の心はどうして生まれたか/日常から離れる/ツボの響き/開いたツボと閉じたツボ/一圧ごとに心の闇を見る/指圧は無我になる修行/圧が経絡の底に届く/至人・真人・聖人


第3部 ツボは気のからだにある

 第5章 ツボを心で癒す

圧と圧反応/ツボはいたわるべき弱点/ツボとドーゼ(圧度)/共感の深さと圧の深さ/ツボへの持続圧/志さえあれば難しいことではない/ツボ修練の流れ

 第6章 東洋医学の伝統を超える

四半世紀をかけて体系化したタオ指圧/全身十二経絡を超えて/新しい用語を創る/気のからだの体験/タオ心への転換/心の四段階/講習会での苦労/超脈・超特穴/新しい導引法/タオ指圧の本質/心の痛みを癒す/タオ指圧の五行/慰者の心を実践する/タオ・コミュニケーション


第4部 超特穴と基本手技

 第7章 経絡臨床の意義と超特穴

新経絡の体系化/超脈と超特穴/超特穴の効用/超特穴の響き/患者さんの洞察を助ける/経絡臨床は人間教育/タオ指圧と臨床心理の共通性/宇宙の心を一者と呼ぶ/一者の両側面/超特穴の位置と施術/ツボを確認する/超特穴18点

 第8章 基本手技Ⅰ

意念とイメージ力による効果/基本手技Ⅰ…①側臥位/基本手技Ⅰ…②腹臥位/基本手技Ⅰ…③背臥位と座位


第5部 タオ指圧の本質と史上初の手技

 第9章 基本手技Ⅲ~「補腹位」による施術~

切心/基本手技Ⅲ…①腹臥位/基本手技Ⅲ…②補腹位/基本手技Ⅲ…③側臥位

 第10章 空性なるタオ指圧

切心/内観/経絡認識と仏教修行/タオは心の鏡/認識による気の変化/認識で異なる効果/道を生きる


タオ指圧、究極の経絡メソッド 付録DVD (約40分)

 ツボの技法~共感による癒し~
 基本手技Ⅰ~小児編~
 超特穴 全18点、その技法

★関連書籍
タオ指圧、東洋医学の革命~証診断と経絡臨床の真実~[DVD付]



トップページにもどる