週刊あはきワールド 2017年4月12日号 No.517

『難経』私考 その55

脈気の発生と潜入

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その52 原穴と三焦
◎過去記事≫≫  もっと見る

65難では「脈気の出始めが井、体内への潜入が合」を確認しているが……

 64難で、脈気が井滎輸経合と配列されていることを見ましたが、65難は脈気の出始めるところが井、体内に深く潜入するところが合ということを確認しています。これは63難および68難と一緒に考えた方がいいでしょう。

 63難は経気の出始めるところが井、としており、その点は65難と同じです。しかし63難も65難もいずれも井は東方・木としており、これは、五行長生説の配当から理解されます。しかし陰経の場合は整合しますが、陽経の場合は整合性がありません。68難は井滎輸経合を、出るところ、流れるところ、注ぐところ、行くところ、入るところとして、それぞれの主治症を述べていますが、これも陰経についてのみです。

 これはどのように考えたらいいのでしょうか?
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる