週刊あはきワールド 2017年5月10日号 No.521

気の医学 臨床から診た世界 第29回

調和(陰)のパワーとは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎第27回 鍼とは何か
◎第26回 波動とは何か
◎過去記事≫≫  もっと見る

定義

 求心性から生み出されるパワーを調和(陰)のパワーという。宇宙には、両極の原理が働き、+-、陰陽、男女などの二極の協調によって成り立っている。また別な角度から見ると、調和と発展という異なるエネルギーの支配を受けている。秩序正しい回転運動を行う調和のパワーと外方に伸びる発展のパワーである。調和(陰)は、求心性によって生み出され、発展(陽)は遠心性をもとにしている。

 従来パワーというと、外方に発する発展のパワーのイメージが強く、調和というと弱々しく、発展しすぎて不調和が生じすぎると、それを抑えるのが役割だと考えられてきた。調和には変革を促す力強いパワーがある。まだ知られていないが、その力は、発展の力と比較すると、ゆうに10~100倍以上の威力を発揮しうると実感している。体験から明らかに治療の分野に関してはいえる。

 両極性を東洋医学では、陰陽として説明し、陰陽の差異を「陰は内にありて陽の守りなり、陽は外にありて陰の使いなり」として陰の力をベースにする考え方を提示してきた。調和(陰)のパワーを出す方法は、「引く」ことによってもたらされる。これを行えば、誰でもが、男女にかかわらず発揮しうる。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる