週刊あはきワールド 2017年8月9日号 No.533

『難経』私考 その59

春夏と秋冬の刺法の違い

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その58 虚実と補瀉
◎その57 五輸穴の主治
◎その56 兪募穴
◎過去記事≫≫  もっと見る

70難は四時の刺法の違いを記述

 70難は、四時の刺法の違いについてですが、春夏は陽気が上昇しているので、人の陽気も表面に上っている。そのため表浅部に刺針するべきであり、秋冬は陽気が沈んで下にあるので、人の陽気も下に入っているので、深い部分を刺針するべきである、としています。

 一方後半では、春夏は最初に深くまで刺針し、深い部分の陰気を引き上げ、秋冬には最初に浅い部分に刺針し、陽気を深部の陰の部にまでもたらす、としています。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる