週刊あはきワールド 2017年10月11日号 No.541

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.42-2

顔面神経麻痺から考える鍼灸の多様性(2)

~患部の補瀉だけを使う方法と董氏奇穴を使う方法の症例~

関 墨荘堂鍼灸治療院院長 関信之 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る
 
 前号では、鍼灸という治療法の答えは1つではなく、多様性があることに触れました。今号では、顔面神経麻痺に対し、異なった方法でアプローチした症例を紹介します。1つは患部の補瀉だけを使った方法で、もう1つは董氏奇穴を使った方法です。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる