週刊あはきワールド 2017年10月11日号 No.541

気の医学 臨床から診た世界 第34回

エネルギーセンターとは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎過去記事≫≫  もっと見る

定義

 肉体の生命活動を目に見えない次元から寄与しているエネルギーエリアをいう。エネルギー的に気能し肉体の生命活動を直接または間接的にサポートする。肉体の機能を3次元とし、エネルギー体(霊体)の存在を4次元だとすると、その中間・3.5次元付近にそれぞれ存在波長を異にしながら肉体の臓腑などに影響を与える気能エリア。肉体を陰から支えるバックアップシステムともいえる。カラダを治そうとする時、大切な考え方は自然治癒力を高めることで、それにはエネルギーセンターの働きを強めることが必須となる。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる