週刊あはきワールド 2017年11月22・29日合併号 No.547

阿是指圧による体にある4つの首の治療 第3回

足首の治療

~その2~

日西指圧学院 小野田茂 


 
 足首の治療の詳細を述べていきます。

 足首の治療とマクロ的に述べましたが、実際は前面の膝蓋骨部および後面の膝窩部より下方の治療を足首の治療とします。すなわち下腿部から足趾までを4つある首の1つである足首の治療と定義します(図1)。


図1 


















足首の治療の詳細

1.下腿後側 手掌部圧迫
患者:伏臥位。
施術者:膝立および正座。

1)施術方法
 左下腿後側からスタートします。施術者は右手の親指と4指をピンセットに見立て踵骨部を軽く固定します。左手掌部で体を傾けながら5ポイントを目測して持続圧を施します(図2、図3)。1ポイントに手掌圧は3~5秒間施し、1回5ポイントを最低3セッション行います。ほかの部位より若干の硬さを感じ取ったら持続時間を長くします。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる