週刊あはきワールド 2017年12月6日号 No.548

訃報

石田秀実氏逝く

伝統医学研究に限りない貢献


 

2006年11月4日、日本伝統鍼灸学会大分大会で講演する
石田秀実氏
 腎不全で病床に伏せっておられた中国医学研究者で思想家、現代音楽家の石田秀実氏が、10月30日、永眠された。享年68。

 石田氏は、早稲田大学法学部を卒業後、いったん銀行に勤務したものの、半年で退職、東北大学文学部哲学科に学士入学され、同大学院で中国学を専攻。その後は、東北大学文学部中国哲学科助手を経て、八幡大学(現・九州国際大学)法経学部に、倫理学担当の助教授、教授として、2009年まで勤務された。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる