週刊あはきワールド 2018年4月11日号 No.565

『難経』私考 その67

刺針補瀉法

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その66 未病を治す
◎その65 営衛の補瀉
◎過去記事≫≫  もっと見る

78難では押手を正しく用いて補瀉を行うことについて記述

 78難では、押手を正しく用いて補瀉を行うことについて記述されています。ここでは、押手の指の下に気の動きを感じて刺入していく補法、針の下の気を引き上げて外に出す瀉法が提示されています。

主な補瀉法

 補瀉にはさまざまな方法があり、それぞれの場で用いられています。主な補瀉法についてここに紹介しておきましょう。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる