週刊あはきワールド 2014年11月19日号 No.402

〈黄帝と老子〉雑観 第11回

王の治身が治国の本である

『黄帝内経』と黄老の「治身治国」思想(前編)

『黄帝内経』研究家 松田博公 


 
 黄老思想の研究史において、『史記』太史公自序の「六家の要旨を論ずる」が重視されてきたことは、この連載の第5回に触れておいた。司馬遷の父、司馬談の手になるこの文章は、史上初めて「道家」という名称を使い、当時、優勢な思想潮流であった黄老思想を紹介している。この考え方こそ統治思想としてバランスが取れ、網羅的で、最も適切だというのである。

 「道家は人の精神を純一にし、行動は形なき究極者に合致し、それ自身で充ち足り万物にゆきわたる。その方法は、陰陽家の大順をうけつぎ、儒家と墨家の長所をとりいれ、名家・法家の要所をつかみ、時勢によって移り、物に応じて変化して、習俗をたて政事をするのに、どれも適切でないものがない」

 「道家」は、老子・荘子の思想と陰陽家、儒家、墨家、名家、法家の思想の長所を採り、天地宇宙の法則に合致した柔軟な思考方法を持つというからには、司馬談が語る漢代初期の「道家」とは、いまわたしたちがイメージする純粋な老荘道家ではない。これぞまさしく諸思想を統合した一大潮流、黄老道家だったのである。

 「六家の要旨」が、このように黄老思想の複合的性格を明確に彫琢したことは、研究者たちが黄老思想を分析する際の一つの礎石となってきた。しかし、「六家の要旨」が、論述の末尾に、君主が形神(肉体とスピリチュアルな精神性)を修養すべきことを強調したのを、司馬談の個人的な趣味ではなく、黄老思想の普遍的な核心に関わる事柄と気づいた研究者は、近年まで多くはなかった。以下の部分である。

 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる