週刊あはきワールド 2014年11月26日号 No.403

活きたツボを捉える切経探穴法 第8回

私の治療の見方

その4 任督中心療法

蓬治療所 戸ヶ﨑正男 


はじめに

 経絡治療が内包している心身のアンバランスを調整し自然治癒力を引き出す考え方、未発達ながら体質改善を意図していることは、今後とも継承発展させなければならない大事な考え方です。これに標本の考え方を組み合わせると、伝統医学の治療の本質を網羅することができます。それが全体治療(調整)であり部分治療(調整)の考え方です。これについては前々回解説しました。今回はその一つの方法である任督中心療法について語りたいと思います。

1.任督中心療法の基本的な考え方

1)全体治療と部分治療
 全体治療と部分治療に関しては、前々回解説しましたが、このテーマに欠かせない内容ですから、もう一度載せます。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる