週刊あはきワールド 2014年12月17日号 No.406

【あはきニュース】

AZP理論に基づく変形徒手矯正術を学ぶ

第10回&第11回あはき師のための変形徒手矯正術セミナー開催















 マッサージ師が保険(療養費)取り扱いできる「変形徒手矯正術」。関節拘縮に対して施すこの技術を学ぶ第10回および第11回あはき師のための変形徒手矯正術セミナー(ヒューマンワールド主催)が12月6日と7日にそれぞれ東京都西東京市の西東京市民会館で開催された。講師は『AZP理論に基づく変形徒手矯正術』の著者、西村久代氏が務めた。

 セミナーではまず、西村氏が解剖学的肢位(Anatomical Zero Position:AZP)理論を理解してもらうため、さまざまな実験を通してその有効性を受講者に体感してもらいながら進められた。そして、AZPと非AZPの違いが受講者に十分に浸透したところで、3つの関節拘縮すなわち片膝関節屈曲拘縮(4の字拘縮)、両膝関節屈曲拘縮(内また拘縮)、上肢の拘縮に対する「変形徒手矯正術」の実技指導が丁寧に行われた。

 セミナーの様子(写真)は下記の通り。次回(第12回)の変形徒手矯正術セミナーは来年6月に開催予定。詳細はこちら≫≫ Click Here!
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる