週刊あはきワールド 2015年2月18日号 No.414

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.11-2

リウマチ膠原病はこう治す!(その2)

~症例報告~

埼玉医科大学東洋医学センター 小俣 浩 


埼玉医科大学東洋医学外来における
リウマチ膠原病患者の鍼治療実態分析

 これまで我々は、埼玉医科大学東洋医学科におけるリウマチ膠原病患者の鍼治療の実態分析結果を報告した。対象は、1996年4月〜2003年3月までの過去7年間に当科外来を受診した患者148名で、方法(調査項目)は、①性別・年齢別 ②罹病期間 ③紹介の有無 ④入院・外来の別⑤薬物療法の有無 ⑥疾患別⑦症状別 ⑧鍼治療回数 ⑨鍼治療成績について分析した。

 我々の鍼治療方法は、(1)体性神経系症状に対する鍼治療(2)自律神経系症状に対する鍼治療を目的とした。こうした鍼治療の効果判定方法は、自覚症状50%+他覚所見50%の100%中、80%以上を著効、60%以上を有効、40%以上をやや有効、40%未満を不変とした。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる