週刊あはきワールド 2015年2月18日号 No.414

在宅ケア奮闘記 その98

「絶対にこけてへん」のに、認知症のMさんが大腿骨頚部を骨折しちゃった!?

訪問リハビリ研究センター代表 西村久代 


 
 もう90歳になろうかという認知症のあるMさん(女性)。1カ月ほど前のある日、夜中に自分でトイレに行き「痛いなあ」と言いながらも必死にベッドに帰ってきて寝た。

 しかし、朝になるまで股がとても痛くて眠れない。身動きができない。失禁でベッドはびっしょりと濡れてしまった。午前9時になってヘルパーが訪問して声をかけてから異変に気づき、訪問看護師に来てもらった。

大腿骨の骨折かも…

 看護師から私に電話が入った。

 「先生。『股・恥骨付近が痛い』と言っています。骨が折れているかもしれません。どうしましょう」
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる