週刊あはきワールド 2015年3月11日号 No.417

『難経』私考 その30

五臓と人体の精神活動

欅鍼灸院 名越礼子 


◎その27 三焦について
◎その29 五臓の陰陽属性

34難では五臓が人体の精神活動に深く係わっていることにも言及

 34難は、声、顔色、嗅覚、味覚、人体に係わる液がそれぞれ五臓に関連しているということのほかに、五臓が人体の精神活動に深く係わっていることを示しています。

 現代医学では意識や精神活動は脳との係わりが深いと考えられますが、果たしてそうなのでしょうか? 脳に損傷を受けた人でも、意識や精神活動はしばしば非常に明解なのです。筋肉活動がダメージを受けているらしくて、舌が回らずうまくしゃべれない、疲れやすくて根気が続かないなどの事情から、表現が伝わらないだけであって、たいていは判断力や思考力はしっかりしていると思われます。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる