週刊あはきワールド 2015年3月25日号 No.419

Let’s はりきゅう遊学 第11話

肩の痛みと刺絡と円筒灸

~井穴刺絡・圧痛硬結部への刺絡(著効例1、2、無効例)~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


 
 いわゆる五十肩など肩の痛みを訴える患者さんに遭遇することは比較的多いと思いますが、今回は肩の痛みに対して刺絡と円筒灸を使った最近の症例をいくつか紹介してみましょう。ちなみに、著効例だけではなく無効例も取り上げました。

井穴刺絡

Mさん(女性・70代前半)。主訴は、左肩の痛み。

 1カ月ほど前から左肩が痛み、しばらく病院および鍼灸院で治療を受けたが、痛みの程度があまり変わらないとのこと。何もしなくても肩全体と腕までが痛むが、肩を挙げたときに特に強いという。温める(入浴など)と楽になるが、ときどき夜間痛があるとのこと。患部に熱感や腫張は認められない。肩関節の屈曲および外転で痛みが誘発され、可動域制限あり。肩鎖関節部に圧痛あり。既往歴は、左股関節の手術(人工関節)をしている。体型は痩せ型。腹診では、臍下(関元付近)に力がない。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる