週刊あはきワールド 2015年4月15日号 No.422

東洋医学・夜話…現代医が見た〔針灸治療の特性〕と、現代社会での活かし方<痛み編> 第19話

身体の痛みを予防するための生活習慣

~気血のめぐりを良くする「身」「心」「食」~

西田順天堂内科院長 西田皓一 


◎<痛み編>第14話
◎<痛み編>第15話
◎<痛み編>第16話
◎<痛み編>第17話
◎<痛み編>第18話
 
 人の健康は、毎日の生活態度や習慣によって、大きく支配されている。血液サラサラで、正常な血液の流れを保てるかどうかは、いわゆるその人の生きざまに大きく影響されているのである。どのように行動し、どのように考え、また何を口に入れるかがカギである。

 意外に気がつかないが、一生の健康を支配しているのが「身」「心」「食」である。運動や食べ物、気持ちの持ち方によって健康は支配されている。健康のためには「身」「心」「食」が大事である。では、どのような生活が健康よいのか。「身」「心」「食」について、考えてみよう。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる