週刊あはきワールド 2015年5月13日号 No.425

投稿!あはき動画 File.11

ラブラブ体操

~親指と小指をクルクル合わせるだけで体幹やインナーマッスルも鍛えられる~

訪問リハビリ研究センター代表 西村久代 


◎File.5 クリニカルストレッチの実技(3)斜角筋ストレッチ
      (山下貴士)
◎File.8 クリニカルストレッチの実技(6)菱形筋ストレッチ
      (山下貴士)
◎File.9 クリニカルストレッチの実技(7)三角筋ストレッチ
      (山下貴士)
◎File.10 クリニカルストレッチの実技(8)小胸筋ストレッチ
      (山下貴士)
 
 「在宅ケア奮闘記」を連載している西村です。この連載、おかげさまで先月、記念すべき100回に到達しました。達成感120%…忙しくて暇がないときも投稿を欠かさなかったのは、エライ。誰かの言葉ではありませんが、自分を褒めてあげたいです。

 ところで、その連載記事の中に出てくる体操について質問殺到…とまではいかないまでも、何人かの人から「指の動かし方を詳しく教えてほしい」とのリクエストがあったので、動画を投稿することにしました。

 その体操は、「在宅ケア奮闘記 その95」(2014年11月19日号 No.402)で紹介した「ラブラブ体操」です。車椅子でも普通の椅子でも、あるいはベッドに腰掛けてもOK! 在宅患者ばかりでなく健常者の筋力トレーニングにもなる優れもの。的確な運動ができれば、体幹の筋肉もインナーマッスルも確実に動かすことができます。ただ、AZP(解剖学的肢位)で行わないと効果が少ないので、しっかりポジショニングを取ってくださいね。

 やり方は以下の通り。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる