週刊あはきワールド 2015年6月3日号 No.428

ペーパー鍼灸師“脱出”大作戦 第2回

自信はいらない

遊心堂鍼灸院 鈴木唯史 


 
 こんにちは、鍼灸師の鈴木です。

 前回は、治療方法は鍼灸師にとって手段に過ぎない、というテーマでお伝えしました。どんな治療法を身につけたら良いか迷っているときに、自分がなぜ鍼灸師になったのか、その目的を明確にすることで、自分にとって最適な治療法を導き出すことができるという内容でした。

 その後、あなたの鍼灸師としての「目的」は明確になりましたか。最適な治療法は導き出せたでしょうか。少しでも考えるヒントになったなら嬉しく思います。

経験を積めば自信がもてる?

 さて、今回は「自信」についてお伝えします。

 多くのペーパー鍼灸師の方は、「自分の技術に自信がない」と不安を感じています。そして、自信がないから開業できない、自信がつくまで修行しよう、こう考える訳です。

 では、あなたが定義する「自信」とはどのようなものでしょうか。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる