週刊あはきワールド 2015年7月15日号 No.434

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.16-2

膝痛はこう治す!(その2)

~膝周囲の拘攣痛、膝関節の炎症と水腫、瘀血体質からの膝周囲痛の症例~

いやしの道協会顧問、東洋鍼灸専門学校非常勤講師 大浦慈観 


 
 前回は、私の行っている一般的な膝痛の対処法を、養生と治療法の面から紹介しましたが、今回は具体的な症例を紹介して、みなさんの治療の参考にしていただきたいと思います。

【症例1】膝周囲の拘攣痛の例

 では、具体的な症例を述べながら、治療法の参考例を提供します。まずよくある症例に、膝周囲にある筋肉の拘攣痛があります。発症に至る経緯は、年齢、仕事や運動、外傷の有無、体質的な要素などが複雑に関係しますが、治療部位や治療方法は割と単純です。痛む部位と関連する筋肉の拘攣を触診にて確定し、拘攣を弛め疼痛を和らげ気血の循環を改善すれば治癒に至ります。完治するまでの期間は、年齢・体力・体質により異なります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる