週刊あはきワールド 2015年7月15日号 No.434

東洋医学・夜話…現代医が見た〔針灸治療の特性〕と、現代社会での活かし方<痛み編> 第24話

人が、痛みを感じる順番

身体は、最も障害の強い部位を最初に知らせようとしている

西田順天堂内科院長 西田皓一 


◎<番外編②>
◎<痛み編>第20話
◎<痛み編>第21話
◎<痛み編>第22話
◎<痛み編>第23話
 

1. 痛みは、身体の防御システム

 痛みは、身体の一部に異常が発生したとき、いち早く身体の異常を知らせる感覚である。身体の防御システムとして、痛みを感じるわけだが、その痛みを感じる部位には生理的な順番がある。

2.痛みを感じる順番

 多くの場合、人が痛みを感じるとき、痛む部位は1カ所だけではない。多くの痛む部位の中で、最も痛い部位を「ここが痛いです」と指摘している。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる