週刊あはきワールド 2015年8月5日号 No.436

ペーパー鍼灸師“脱出”大作戦 第4回

東洋思想は好きですか

遊心堂鍼灸院 鈴木唯史 


 
 こんにちは、鍼灸師の鈴木です。今回のテーマは、東洋思想についてです。

 鍼灸師になることを志したけれど道半ばという方の多くは、東洋的な考え方が苦手、あるいは東洋思想に関心が持てない、という傾向があります。

 東洋思想と言ってもその定義は幅広いですが、ここでは陰陽論や五行論、天地人の三才観など、鍼灸臨床と関わりがある内容と定義します。

 これらの東洋的な思想は学校の授業でも習いますが、いまいちピンとこなかった、未だによくわからない、という方が多いのではないでしょうか。

 そして実際には、東洋思想をよく理解できていなくても、卒業試験にも国家試験にも就職試験にも差し障ることはないので、意識から遠のいているのではないでしょうか。

 実際に、陰陽論や三才観が鍼灸臨床にどう活用されるものか理解しないまま開業している人や教壇に立つ人はたくさんいます。そのような現状に鑑みると、東洋思想なんか知らなくても関係ないと思われるかも知れません。

鍼灸師に東洋思想が身につかない理由

 なぜ、多くの鍼灸師は東洋思想に苦手意識を持つのでしょうか。原因は人それぞれあるかと思いますが、大別すれば以下の3つの傾向があります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる