週刊あはきワールド 2015年9月9日号 No.441

解剖学に基づくアスリートの身体の見方・治し方 第16回

股関節 その2

~腰椎屈曲時痛に対しての機能的エクササイズ~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


腰椎に原因がある屈曲時腰痛


図1
 腰を屈曲した時の痛みは、現在のライフスタイルと大きく関係しています。さまざまな交通機関の発達した現代では、歩くことが少なく、座位で過ごす時間が長時間あります。座位では、腰部の後ろが丸まってしまい、腰本来の前弯(反り)を保てないことがよくあります。この状態を長く続けることが、姿勢の悪化を招き、腰に負担がかかってしまうのです。そのため、腰を軽く反らせるように腰の後ろにバックサポートを置くことが、屈曲時腰痛への対策になります。車のシートなどは、椅子自体に腰が前弯するようなカーブがつけてあるものも珍しくありません。このような腰痛は、腰椎自体のアライメントに原因があるので、腰椎の反りを取り戻すようなエクササイズが、有効です(図1)。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる