週刊あはきワールド 2015年9月23・30日合併号 No.443

AZE SHIATSU(阿是指圧)の神髄 その5

アンバランスの要因②…体の前面、体の後面のアンバランス(1)

日西指圧学院 小野田茂 


2.体の前面、体の後面のアンバランス

 体の前面と後面のバランスとは「腹部と背部の虚実のバランスを考えましょう」ということです。

 腰部における8種類の体の動きを考慮すると体の前面および後面の動きは屈曲と伸展です。


伸展                  屈曲














 そしてマクロにおける虚実の関係は、腹部が虚、背部が実です。


腹部(虚)                      背部(実)














 体の前面が主にメンタルペイン、体の後面をフィジカルペインのゾーン考えればペイントリートメントの治療のパターンがイメージできるはずです。

 虚実バランスを第一に考えて、背部の治療(伏臥位)と腹部の治療(仰臥位)をすることによって患者さんを健康な体に導くメソッドがスタンダードな阿是手技療法です。

 基本的な虚実バランスを整える指針として第一に考慮すべき前面、後面の虚実バランスを取るための治療と言えば、胸腹部にある募穴、背骨の際にある兪穴のバランス関係が真っ先に考えられます。

1)募穴(胸腹部)と兪穴(背部)
 胸腹部には募穴、背部には兪穴のポイントがあります。この募穴、兪穴のツボは表裏(虚実)の関係にあります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる