週刊あはきワールド 2015年10月14日号 No.445

【あはきニュース】

パーキンソン病治療に鍼灸師が関わる際に必要な知識、検査法などを学ぶ

パーキンソン病鍼灸フォーラム第1回セミナー開催される



パーキンソン病鍼灸フォーラム第1回セミナーの講義風景














 千葉鍼灸学会(酒井茂一会長)が主催するパーキンソン病鍼灸フォーラム第1回セミナーが10月4日、東京都新宿区の慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス新教育研究棟4階講堂で開催された。同セミナーはパーキンソン病治療に鍼灸師が関わる際に必要な基礎的知識、検査法、病歴の取り方などについて学び、パーキンソン病に関する鍼の有効性を臨床研究を通して正しく評価し、医療連携が可能な鍼灸師を育成することを目的とし、今回の第1回セミナーでは「パーキンソン病の理解と検査・記録法」をテーマに行われた。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる