週刊あはきワールド 2015年11月18日号 No.450

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.20-2

うつ病はこう治す!(その2)

~伝統医学及びハンドヒーリング・心のアプローチによるうつ病の症例~

東京九鍼研究会代表 石原克己(協力者・山本涼) 


 

8.うつ症状(うつ病)の臨床

 これから、伝統医学的治療が軸となり、心へのアプローチ、除霊などを用いた症例について述べていく。

【症例1】…便秘を訴えるうつ症状をもつ40歳女性

(1)初診:2013年8月。

(2)主訴:便秘・肩こり・うつ症状(意欲なし・躁状態になりやすいため薬で抑えている。そのため常に呆けており、呂律が回っていない)。

(3)現病歴:処方される薬を始めてから便秘が起こるようになる。薬をやめれば改善すると本人が理解しているも、家庭や職場におい躁鬱状態にならない事を優先しているため症状が継続している。躁鬱に関しては約十年前の結婚生活(離婚と再婚)による家庭状況が大きく関わっている。

(4)既往歴:特になし。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる