週刊あはきワールド 2016年2月10日号 No.461

症例報告

鍼・温灸による声かぜの改善

田中鍼灸指圧治療院 田中勝 


娘の家から帰ったら声かぜを発症

患者:女性、66歳、主婦。
初診:2015年12月13日。

 娘の家に行ったところ、娘が声かぜを引いていて、帰ってきたその夜から同じ声かぜが発症した。

背臥位での治療

 背臥位で声帯のある甲状軟骨部に診断按摩を行うと、左側の人迎穴の内側部に圧痛があった(このツボを内人迎穴と名づけている)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる