週刊あはきワールド 2016年2月24日号 No.463

Let’s はりきゅう遊学 第22話

My favorit Tsubo(マイ・フェイバリット・ツボ)①

~督脈のツボから~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 冬の厳しい寒さが緩んで、三寒四温(さんかんしおん)の時期(三日寒く、四日暖かいということ。すなわち、寒い日々の中に暖かい日がある)になってきましたね。もう、春の訪れが近づいているということでしょうか。

 いよいよ今週末は、あん摩マッサージ師・はり師・きゅう師の国家試験(私が受験した頃は、まだ都道府県試験でしたが…)ですね。経絡の流注や経穴の要穴などの覚え忘れありませんかぁ~? まあ、試験が終わったら、使う頻度の少ないツボは自然に忘却の彼方に行ってしまいますがね……。

 今回、受験されるかたの健闘を心からお祈りいたします。頑張ってね!

三寒四温は、本来、冬の季語で、この時期(春)にこの言葉を使うのは誤用だそうです。

督脈のツボから

 はじめに、督脈のツボから見ていきましょう。督脈のツボは、長強(ちょうきょう)・腰兪(ようゆ)・腰陽関(こしようかん)・命門(めいもん)・懸枢(けんすう)・脊中(せきちゅう)・中枢(ちゅうすう)・筋縮(きんしゅく)・至陽(しよう)・霊台(れいだい)・神道(しんどう)・身柱(しんちゅう)・陶道(とうどう)・大椎(だいつい)・瘂門(あもん)・風府(ふうふ)・脳戸(のうこ)・強間(きょうかん)・後頂(ごちょう)・百会(ひゃくえ)・前頂(ぜんちょう)・顖会(しんえ)・上星(じょうせい)・神庭(しんてい)・ 素髎(そりょう)・水溝(すいこう)・兌端(だたん)・齦交(ぎんこう)の28穴ですよね。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる