週刊あはきワールド 2016年3月2日号 No.464

後頚部を治せばほとんどの病気は治せる 第6話

精神的緊張の影響を受けやすい「筋肉」

西田順天堂内科院長 西田皓一 


◎第5話
◎第4話
◎第3話
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 身体の異常の大部分は、後頚部に現れる。後頚部の異常を治せば、身体の異常の大部分を治すことができる。昔から、年末になって忙しくなると、“首が回らない”とよく言われるようになる。このように、古くから多忙になると「首の辺り」に異常を感じる現象は、何とはなしに意識していたらしい。

 ここでは、緊張状態が、全身または頚部のどの筋肉に影響しているのか、考えてみたい(図1)。


 図1



















〔今回の内容〕
①精神的緊張が、筋肉に影響を及ぼす日常の出来事
②「無意識に、全身の筋肉を緊張させている例」は非常に多い
③精神的緊張を受けやすい頚部の筋肉
④頚部の緊張している諸筋を弛緩させてやると、精神的緊張も軽減される。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる