週刊あはきワールド 2016年3月16日号 No.466

【新連載】全力で治す東西両医療 プロローグ(2)

「全力で治す東西両医療」連載にあたって

~東洋医学と西洋医学は対立するか~

ともともクリニック院長 木村朗子 


◎プロローグ(1) 「全力で治す東西両医療」連載にあたって
           ~かわいそうな鍼灸師のために~(石川家明)
 

西洋医学と東洋医学は対立しているのか

 西洋医学と東洋医学は、よく対立する医療として例に出されることが多い。たとえば「西洋薬は症状や疾患に対して処方すればある程度効く。しかし、漢方薬は人によってよく効くこともあるけど、全く効かないこともあり、その違いがなぜ生まれるかわからない。わからないから自信を持って処方できない」「西洋薬はすぐに効くけど、漢方薬は長く飲まないと効かない」などである。それぞれについて議論したい気持ちをひとまず押さえて、そもそもどうして対立していると思われがちなのかと考えることもある。

 それはおそらく言葉のマジックがあるのでは、と私は考える。言語上、一般的には西洋と東洋は対をなす反対語とされる。この事実に異論はない。しかし、西洋医学と東洋医学は診断体系が違うだけで実際の臨床現場では両方を同時に利用することができる。対立するものが同じ現場で同時に利用されるであろうか。疑わしいと思う方はぜひ一度両者を同時に使用している臨床現場に身を置いてほしい。現場を見れば、そもそも対立しているものではないことにすぐ気づいていただけると思う。胸に手を当ててみれば、皆さんも葛根湯を飲みながら、解熱剤や咳止めを利用していることが一度ならずあると思われる。

 一方で、両者の診断体系の違いはそれぞれの特徴を違えた。西洋医学はからだを臓器に分割して仕組みを考えた。そのため、救急の現場で生命の危機を救うこと、腫瘍を摘出する手術や、感染症の原因である細菌やウイルスを殺して取り除くことは得意である。一方で西洋医学は救急蘇生後、臓器摘出後や細菌を殺す治療をした後の体の不調和を整えることはあまり得意ではない。生命が危機から脱した後のケアをきめ細かく行えるのはむしろ東洋医学だろう。それは東洋医学が頭のてっぺんからつま先まで体全体を考え、整えることを得意とする医学だからである。

 最初の二つの問いにそれぞれお答えするならば、「西洋医学には西洋医学の診断体系があり、東洋医学には東洋医学の診断体系がある。漢方薬を処方する際には当然、後者を使用した方が効果が出やすい。洋食の材料や調味料で和食は作りにくいのと似ている(と言ったら怒られるでしょうか?)」「西洋薬も漢方薬も、急性期で病態がシンプルで軽症である場合、シャープに効くことが多い。慢性期で病態が複雑で重症である場合、治療は長びくことが多い」となるだろうか。

西洋医学と東洋医学は対立しない

 回りくどく何を申し上げたいかと言えば、要は西洋医学と東洋医学は対立しない。両者の得意分野が異なるだけである、と私は考える。

 たとえば、たった今目の前にいるあなたの患者さんが、突然冷や汗をかいて意識がもうろうとし始めたら、あなたならどうするであろうか。少し想像してみてほしい。こちらは西洋医学が得意である。安全な場所に寝かせ、バイタルサインを測り、呼吸や循環の評価をする。同時に、救急車を呼ぶ、周りの人を集める、必要なら人工呼吸や心臓マッサージを行ったりAEDを利用したりする。

 他方、胃がんの開腹手術後、なかなか食事が思うように摂れない、薬を飲もうにも飲水が進まない、口が苦くて苦くて、何を食べてもおいしく感じない。こちらは漢方薬や鍼治療の出番である。このようなときは心窩痞硬があることが多い。半夏瀉心湯や六君子湯で劇的に症状が改善することがよくある。また、足三里・内関・内庭の鍼治療も有効であることが多い。

 さらに、両者を協働させると、治療困難とされているような病態が鮮やかに速やかに改善していくことがある。たとえば初発の坐骨神経痛、従来であれば患者は七転八倒し、オピオイドを使用しても最初の1週間はなかなか痛みが治まらないことを経験したことがある方は多いと思う。しかし、トラマドールなどの弱オピオイドやNSAIDs、鍼治療、漢方薬を同時に使用した際の速やかな効果には、最初は治療者が驚くほどである。これは、医療者として本当にありがたい。ほぼ半分の日数と程度で痛みが引いていく。

 インフルエンザの治療においても、タミフルの多用によりタミフル耐性ウイルスが出現してきていることは皆さんご存知のことと思う。抗ウイルス薬、抗菌薬は耐性との問題から当然ながら多用はしたくない。しかし、耐性菌の説明をしてもなお患者に求められる中で、薬を処方せずに患者を診療することは現実的に難しい。そこで麻黄湯を利用する。麻黄湯とタミフルについてはさまざまな研究があるが、それらの多くで麻黄湯はタミフルに対して非劣性との結果が出ている1)。おまけにタミフル 317.9円/カプセル に対して、麻黄湯 20.25円/パックと、大幅に医療費を抑えることもできる。もちろん一概にどちらがいいとは言いがたいが、麻黄湯の力量を正しく知っているのと知らないのとでは大違いである。

人を不幸にしないために西洋医学を、
人を幸せにするために東洋医学を共に学ぶ

 こうして考えると、聡明な皆さんにはどちらも医療者のスキルとして、非常に有用であることがわかっていただけると思う。生命の危機には西洋医学が得意分野であり、どちらかといえば西洋医学の手からもれてしまうような訴えには、東洋医学が得意分野である。

 西洋医学からみると「よくわからないから、うつ病なんじゃない?」ということがある。しかし、東洋医学の視点から見れば、実は適切な訴えであることがよくある。ひとつ例を挙げるならば、「おなかのなかに小さい動物がいるようでざわざわする」という訴えがある。これは東洋医学では「奔豚気」と呼ばれる有名な症状の一つである。甘麦大棗湯という漢方薬で症状が激減するので、初めて出合うとつい周囲に言いたくなる病態のひとつである。

 自分にはどのような力が不足しているのか、問い続け研鑽を積み続けることが臨床現場にいる医療者として一生あるべき姿だと考える。今回の連載は、人を不幸にしないために西洋医学を、人を幸せにするために東洋医学を共に学ぶ、そんな理想を持ち続けることのできる皆さんと共に始める、そんな魅力あふれる企画である。

◎参考文献
1) 成相昭吉 外来小児科 2012:15:205-208

 

木村朗子(きむら・さえこ)


大学生のころから、TOMOTOMO(友と共に学ぶ東西両医学研修の会)に参加。内科を専門としながら、整形外科、小児科、救急科などのなんでもできるプライマリケア医を目指して研鑽を続けています。
 
この記事に対するご意見やご感想をお寄せください≫≫ Click Here!




トップページにもどる