週刊あはきワールド 2016年3月23・30日合併号 No.467

Let’s はりきゅう遊学 第23話

My favorit Tsubo(マイ・フェイバリット・ツボ)②

~任脈のツボから~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 春分の日も過ぎ、東京では桜の開花宣言も出たようで、来週あたりにはお花見ができるかもしれませんね。さて、前回は身体の後面の後正中線上にあり、「陽脈の海」と呼ばれ諸陽の経脈を監督し統活する作用があるとされる督脈のツボについて紹介してみましたが、今回は身体の前面の前正中線上にあり、「陰脈の海」と呼ばれ諸陰の経脈を担任し統括する作用があるとされる任脈のツボです。

任脈のツボから

 任脈のツボは、会陰(えいん)・曲骨(きょっこつ)・中極(ちゅうきょく)・関元(かんげん)・石門(せきもん)・気海(きかい)・陰交(いんこう)・神闕(しんけつ)・水分(すいぶん)・下脘(げかん)・建里(けんり)・中脘(ちゅうかん)・上脘(じょうかん)・巨闕(こけつ)・鳩尾(きゅうび)・中庭(ちゅうてい)・膻中(だんちゅう)・玉堂(ぎょくどう)・紫宮(しきゅう)・華蓋(かがい)・璇璣(せんき)・天突(てんとつ)・廉泉(れんせん)・承漿(しょうしょう)の24穴ですよね。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる