週刊あはきワールド 2016年4月13日号 No.469

『難経』私考 その43

病の陰陽

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る

『難経』には病態の陰陽の記述がよく見られる

 「『難経』私考 その20」の是動病と所生病における陰陽、「その15」の脈象の陰陽など、『難経』では、病態の陰陽を見分けることについてしばしば述べられていますが、私たちは、実際の臨床で患者さんを前にして陰陽という観念で判別をしていないように思います。むしろ陰陽については、その表現としての虚実、寒熱、表裏で考えることが多いのではないでしょうか。しかしながらこれらはまさしく陰陽なのです。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる