週刊あはきワールド 2016年5月4日号 No.472

治療家のためのアロマセラピー 第4回

衛生面で役立つアロマセラピー

ACURE研究所 志茂田典子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 このたびの熊本地震におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、支援に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることを念じ申し上げます。

 アロマセラピーというと、リラックスとかリフレッシュなど、気分に作用するということはよく知られていますが、精油に含まれる成分には、抗菌作用、殺菌作用があるといわれているものもあります。また、嗅ぐだけで免疫機能を高めたり、認知症の周辺症状にも効果があるといわれているものもあります。

 今回は、避難所や高齢者施設、学校など、集団生活場面での衛生面にも応用できるアロマセラピーについてご紹介します。

1.精油の抗菌効果

 一般に、「精油には抗菌作用がある」といわれていますが、どの精油でもそうなのか、あるいは特定の精油が抗菌作用を持つのか、はたまた、効く菌と効かない菌があるのか、などについては、あまりよく知られていないかも知れません。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる