週刊あはきワールド 2016年5月25日号 No.475

Let’s はりきゅう遊学 第25話

びっくりスッキリ鍼

~副挫刺と圓利鍼・大鍼と巨鍼・鍼あたり~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 先日、某勉強会で複数の女性鍼灸師の先生方の話を聞く機会がありました(決して、今回の講師陣の嫌がらせ目的にわざわざ出向いたわけではありません)。参加者は、学生さんや臨床経験の浅い方が多かったようですが、講師陣はそれぞれのバックグラウンドや考え方、臨床経験年数の長さもバラバラで、普段の臨床で扱う患者さんや得意な治療法も、美容、マタニティ、不妊、スポーツ、介護、内科、五官科(目、耳、鼻、舌、皮膚などに問題があるもの)なども十人十色で、私も非常に参考になりました。たまには、こういう場で違う立ち位置の臨床家から刺激を受けるのも必要だなぁ~と感じました。

 私の臨床では、毫鍼以外の鍼を多用した治療を行っています。今回は、最近の症例を紹介してみます。

【症例1】副挫刺と圓利鍼

患者:女性・30歳代前半・高校教師。

主訴:右殿部と右肘の痛み。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる