週刊あはきワールド 2016年6月8日号 No.477

治療家のためのセルフエクササイズ 第2回

三次元を考慮した体幹の伸び

ATC&鍼灸師 山下貴士 


 
 仕事で行き詰ったときや、疲れがたまったときに自然に伸びをしてしまうことはないでしょうか。犬や猫もよく気持ちよさそうに伸びをしているのを見かけます。

 伸びを、特定の筋を伸ばすストレッチとみることもできますが、全身の筋膜を伸ばしている筋膜リリースとして捉えることもできます。筋膜は全身に張り巡らされている筋肉を覆っている膜で、筋肉の中の小さな筋線維までも覆っています。よく筋が固くなると表現しますが、実は筋というより筋膜が固くなっているという考えもあります。伸びをしているときは、頭をからっぽにして行うのが良いのですが、伸ばす方向を工夫することで、全身のバランスを考慮したストレッチエクササイズにもなります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる