週刊あはきワールド 2016年6月8日号 No.477

気の医学 臨床から診た世界 第18回

虚実とは何か

美的健康サロン 鍼灸希心院院長 安達一彩 


◎第17回 ツボとは何か
◎第16回 病とは何か
◎第15回 気とは何か
◎過去記事≫≫  もっと見る

癒治の原則

 虚実とは、カラダの中での病邪(冷え、風邪、意識などのエネルギー)によって生じるエネルギー(気)の二分離化した状態を表す概念である。虚はエネルギーが希薄になった状態で、実とはエネルギーが凝縮した状態を言う。相反する「虚」と「実」の反応は同時に起きる。「虚」を補うと「実」も同時に減少し「実」を減少させると「虚」にはエネルギーが補充される性質を持つ。エネルギー的視点に立つ治療は「虚実」を均衡化することで病を治すのを大原則とする。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる