あなた(@_@)の知らないあはきの世界 2022年7月22日

こらむ『タオ指圧キャラバン』 第8回 

目から鱗が落ちたら経絡があった

奈良晃命(なら・あみ)


◎第7回 経絡の奥にあるタオ指圧の道(1)(茂木えい子)
◎第6回 脳腫瘍(アヴィ・ガジット)
◎第5回 肩甲骨に張りついたマグマ色のコード(今中千登勢)
◎過去記事≫≫  もっと見る

<プロフィール>
 国際協力、途上国支援に興味があり、大学で開発経済学を学ぶ。一般企業に勤めながら、民間療法や環境問題、社会問題に関心を持ち、アートセラピー、野口整体を学ぶ中、タオ指圧に出会う。
 タオ指圧の哲学に感銘を受け、命に深く触れる仕事をしたいと思い、会社を辞め、看護師・助産師資格を取得。総合病院(産婦人科)や産婦人科クリニックでお産に携わる経験を持つ。現在、タオ療法臨床家。
http://taoshiatsu.com/practitioner/#ami


筆者
 現在、タオ指圧の臨床に従事していますが、振り返ってみれば、その流れは驚きの連続でした。

 タオ指圧との最初の出会いは、「ブッダの学校」という体験講座。タオ指圧センター兼、和田寺道場で開催していました。

 タオ指圧センターは、お寺の道場を兼ねています。それは、タオ指圧の創始者である遠藤喨及さんが、お寺の住職だからです。

 当時のHPには、NPOの支援活動や、タオ指圧クラスについても記載されていました。

 私は、海外支援や指圧にも興味がありました。だから、タオ指圧センターがどんな場所なのか、とても楽しみでした。

 とはいえ、その一方で、“変な宗教団体だったらどうしよう……”という不安も入り混じっていました。

 「ブッダの学校」を受講したのは、「瞑想状態」というものを体験してみたかったからです。その時、私は、手っ取り早く教えてもらえそうなところを探していました。
 そして偶然、「ブッダの学校」のチラシを見つけたのでした。

 ただ、和田寺でやっているのは、マントラを繰り返し唱える声明(念仏)修行で、瞑想ではありませんでした。

 実はそのとき、ちょっとがっかりしたのですが、“念佛でも、瞑想状態になれる”と聞いて、“まあいいか。それならやってみよう”と、気軽に通い始めました。

 「ブッダの学校」や、その後に続く「浄土の学校」の体験学習は、驚きの連続でした。毎回の講座がとても新鮮で、“ひょえ〜、こんな世界があるのか!”と思ったほどです。

 しかも、自分のネガティブな心が救われる体験もありました。
 それで終了後、もっと学びたいと思いました。

 しかし、その後に続く仏教の講座はなく、学ぶとしたらタオ指圧のクラスしかありませんでした。

 うーん……。私は考えました。

 内心、指圧にも興味はあるものの、タオ指圧の書籍を読むと、“ツボを感じる”とか、“指先に米粒の感覚がある”とか書いてあります。

 自分にとっては、何だか遠い世界のことのように感じました。

 とはいえ結局、入門しました。
 実際に始めてみたら、そこには、深淵で広大な気の世界が広がっていました。

 さらに、学びを深めるにつれ、気も経絡もツボも、遠い世界ではなくなっていきました。

 それらはすべて、目から鱗が落ちた、私の目の前にあったのです。


支援先のバングラデシュ少数民族仏教徒の子どもたちと


































 こうしてタオ指圧の学びを深める中で、パレスチナ、バングラデッシュなど、現地での支援活動にも参加するようになりました。 そしてその数年後には、タオ指圧の臨床に従事するまでになりました。

 そして今、私は、心から願っています。「地球上に存在する、癒しを必要としている人々に、タオ指圧の技の土台である、“気と心の世界”を伝えていきたい」と……。

◎タオ指圧WEBサイト≫≫ http://taoshiatsu.com

■メールマガジン「あなた(@_@)の知らないあはきの世界」
 メールマガジン(無料)の配信登録をしておくと、WEBマガジン「あなた(@_@)の知らないあはきの世界」の最新記事をいち早くキャッチできます。

★配信登録は↓↓↓
https://d.bmb.jp/sm/p/f/tf.php?id=lifecreation

投稿原稿募集
「あなた(@_@)の知らないあはきの世界」では、研究レポート、論説、紹介文(補完代替医療や海外の鍼灸事情などの最新情報)、症例報告、エッセーなどの投稿原稿を募集しています。
詳細は≫≫≫ こちら



トップページにもどる