週刊 あはきワールド 2007年11月21日号 No.60


東洋鍼灸専門学校の卒後研修制度
「東鍼塾」の修了式が開催される



東京都新宿区にある東洋鍼灸専門学校(丹澤章八校長)が全国の鍼灸師を対象として今年5月に開講した卒後研修制度、「東鍼塾」(総合臨床研修科)の第1回修了式が10月31日、同校内の素霊記念館で開催された。わが国の伝統医療継承者としての矜持を涵養・堅持し、鍼灸医療を通して真に国民の保健に奉仕できる指導的な鍼灸医療人を育てることを教育目標に掲げた同塾の第一期生が巣立っていった。

 修了式に先立って行われたパネルディスカッションでは、「塾生活を振り返って思うこと」を主題に塾生が「自己評価に関する報告」「印象的な事象」などについて1人10分以内で発表したあと、討論が行われ、最後に丹澤塾頭が訓示を述べた。修了式では、開会宣言に続いて学校法人素霊学園理事長の毛塚鉄雄氏による理事長訓示が行われ、そのあと修了証書の授与・記念撮影と式は進み、閉会宣言で幕を閉じた。

 なお、来年度の塾生の募集要項は東洋鍼灸専門学校のホームページ上で12月1日に公開される予定。

★東洋鍼灸専門学校のHP:http://www.toyoshinkyu.ac.jp/index.html

写真上:塾生に修了証を授与する丹澤塾頭
写真下:パネルディスカッションで発表する塾生





トップページにもどる