週刊 あはきワールド 2008年5月14日号 No.85

マッサージを利用する高齢者への助成
山口県の周南市が始める

山口県の周南市は、高齢者の健康維持を促し医療費を抑制するため、2008年度からはり・きゅうに加えマッサージを利用する高齢者への助成を始めた。

 5月8日付で配信された中国新聞の記事(http://www.chugoku-np.co.jp/Health/
An200805080309.html)によると、対象者は国民健康保険と後期高齢者医療制度の加入者全員と、それ以外の医療保険に加入している70歳以上で、1回の施術に対し760円、はりとマッサージなど2術を受けた場合には920円助成される。利用回数は1人1日1回、1カ月に12回まで。周南市の指定を受けた38事業所で利用できる。

 利用する際には、国保と後期高齢者医療制度加入者は事業所で保険証を、それ以外の人は市が発行する受給資格者証を提示すれば、助成分を差し引いた利用料で施術を受けられるという。



まほうのスパック:お宝市場 スパッツ・サポーターの部屋



トップページにもどる