週刊 あはきワールド 2008年8月20日号 No.98

米の癌患者の4~6割が
祈り・気功などの補完代替医療試す
鍼灸治療の経験者は1%


米国の癌患者の約4~6割が祈り・霊的体験や気功などの「補完代替医療」を試しているものの、鍼灸治療の経験者は約1%にとどまっていることが米癌協会の調査で明らかになった。朝日新聞社の情報サイト「アサヒコム」(8月15日付)に掲載された(http://www.asahi.com/health/news/TKY200808150194.html)。

 同サイトによると、調査は、癌と診断されてから10~24カ月の患者に対し、郵便などによるアンケートで行われ、約4139人分の回答が分析された。その結果、「祈り・霊的体験」を試した人が約61%と最も多く、気功などの「リラクセーション」や、「宗教的癒やし」「サプリメント」の経験者も、それぞれ40%を超えていた。これに対し、「鍼灸治療」を試した人は意外と少なく、約1%にとどまったという。


第1回
抗重力療法セミナーのご案内
日 時 2008年9月7日(日)13時~~17時(受付12時30分~)
会 場 東洋鍼灸専門学校(東京都新宿区)
定 員 16人(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講 師 内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)
詳 細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer011.html


第5回あはき師のための在宅ケア実践セミナーのご案内
9月20,21日開催
 あはき師による在宅ケア(訪問リハビリ、在宅マッサージ)の需要がグンと伸びています。これから始めようと思っている「あなた」。自分の手技に自信がありますか?
 在宅ケアで用いる手技は揉捏や軽擦などのマッサージテクニックだけでは十分ではありません。寝たきり患者を寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと導くリハビリテクニックや、術者だけの力で移動させるトランスファーテクニック、床ずれ防止のための良肢位の保持テクニックなどの在宅ケアテクニックを身に付けなければなりません。
 さて、その在宅ケアテクニックとして今もっとも注目されている手技が、在宅ケアのスペシャリスト、西村久代氏が創案した「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」です。このテクニックを習得すれば、寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと患者をスムーズに導くことができ、より早く、より安全に寝たきり患者を歩かせることができるようになります。
 さあ、あなたもこの「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」をマスターしませんか。このテクニックを基本からしっかり学び取れるセミナー(ヒューマンワールド主催)が9月20、21日の両日、東京都新宿区の東洋鍼灸専門学校で開催されます。西村氏が直接、懇切丁寧に指導してくれるので、確かな技術が身に付きます。

★詳細はこちら≫≫ Click Here!


Zのひねりで抗重力筋が蘇る!(まほうのスパック)



トップページにもどる