週刊 あはきワールド 2008年9月10日号 No.101

柔整師学校で無資格教員横行
厚労省、6校に補講指導

朝日新聞が報道

 柔道整復師の養成学校がこの10年間で14校から97校と7倍に急増、教員不足から無資格教員による授業が横行している実態が、朝日新聞の記事を発信している情報サイト、アサヒコム(9月5日付)で報じられた(http://www.asahi.com/
health/news/TKY200809050160.html)。今年に入り6都府県の7校で無資格教員が発覚し、厚生労働省の出先機関が補講を命じるなど指導に乗り出しているという。

 同サイトによると、無資格教員が判明して補講の実施を命じられたのは、東日本医療専門学校(宮城県仙台市)、東京医学柔整専門学校(東京都北区)、専門学校白寿医療学院(静岡県伊豆の国市)、静岡医療学園専門学校(静岡市)、大阪凰林医療学院(現・日本統合メディカル学院、大阪市)、琉球リハビリテーション学院(沖縄県金武町)の6校で、さらに愛知県内の学校も無資格教員を認めており、厚生労働省東海北陸厚生局が調査中とのこと。


第5回あはき師のための在宅ケア実践セミナーのご案内
9月20,21日開催
 あはき師による在宅ケア(訪問リハビリ、在宅マッサージ)の需要がグンと伸びています。これから始めようと思っている「あなた」。自分の手技に自信がありますか?
 在宅ケアで用いる手技は揉捏や軽擦などのマッサージテクニックだけでは十分ではありません。寝たきり患者を寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと導くリハビリテクニックや、術者だけの力で移動させるトランスファーテクニック、床ずれ防止のための良肢位の保持テクニックなどの在宅ケアテクニックを身に付けなければなりません。
 さて、その在宅ケアテクニックとして今もっとも注目されている手技が、在宅ケアのスペシャリスト、西村久代氏が創案した「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」です。このテクニックを習得すれば、寝たきり状態から座位、座位から立位、立位から歩行へと患者をスムーズに導くことができ、より早く、より安全に寝たきり患者を歩かせることができるようになります。
 さあ、あなたもこの「解剖学的肢位理論に基づく在宅ケアテクニック」をマスターしませんか。このテクニックを基本からしっかり学び取れるセミナー(ヒューマンワールド主催)が9月20、21日の両日、東京都新宿区の東洋鍼灸専門学校で開催されます。西村氏が直接、懇切丁寧に指導してくれるので、確かな技術が身に付きます。
詳細はこちら≫≫ Click Here!


Zのひねりで抗重力筋が蘇る!(まほうのスパック)



トップページにもどる