週刊 あはきワールド 2009年5月13日号 No.134


療養費不正受給の奈良産大野球部の元監督ら
詐欺・柔道整復師法違反容疑で逮捕


奈良産業大学硬式野球部の元監督が経営する整骨院が療養費を不正受給していた問題で(週刊「あはきワールド」2009年1月28日号の記事参照)、奈良県警は5月11日、療養費をだまし取ったとして詐欺や柔道整復師法違反の容疑で元監督の新田泰士容疑者らを逮捕した。

 5月12日付の朝日新聞によると、逮捕されたのは新田容疑者のほか、前監督の藤原忠理容疑者と、整骨院従業員だった男性2人の計4人。新田容疑者は2006年10月に整骨院を開設し、野球部員を施術していないにもかかわらず、白紙の療養費支給申請書に署名させるよう藤原容疑者らに指示。1回あたり部員30~40人の申請書を市町村や健保組合に提出して療養費を不正受給していた疑いなどがもたれていた。

 昨年9月に不正請求の情報を受けた奈良県や近畿厚生局が調査した結果、不正請求総額は2006年10月~2008年12月に約6300件、約4275万円にのぼり、新田容疑者らは4月に刑事告発されていた。

★朝日新聞の関連記事↓↓↓
http://www.asahi.com/national/update/0511/OSK200905110060.html



トップページにもどる