週刊 あはきワールド 2009年8月26日号 No.148


王雪苔 没後一周年記念大会開催
故人を偲ぶ300人余が中国内外から参加




 8月21日午前、北京の人民大会堂で「中医鍼灸の泰斗・王雪苔 没後一周年記念大会」が厳粛に執り行われた。元・全人代副委員長で中国全国婦人連合会議長も務めた顧秀蓮氏、元・司法部部長の鄒瑜氏をはじめ、中医薬管理局の指導者諸氏、中国内外の中医界の専門家や学者300人余が参加し盛大な会となった。席上、王氏の親族、生前親しかった友人諸氏や弟子たちが、故人に対し深い尊崇の念や尽きぬ思慕の情を語ったという。

 王雪苔氏は1925年12月21日遼寧省義県の生まれ。中医研究院鍼灸研究所所長・中医研究院副院長などを歴任、1999年に退休してからは、中医鍼灸学会高級顧問・中国民間医薬研究開発協会会長・世界鍼灸学会連合会終身名誉主席などの要職にあり、2000年世界鍼灸学会連合会(WFAS)終身名誉主席となった。WHO経穴標準化会議ではチェアマンとして活躍し、昨年9月2日、享年83歳で逝去した。



写真上:王雪苔 没後一周年記念大会の様子
写真下:在りし日の王雪苔氏




トップページにもどる