週刊 あはきワールド 2012年8月15日号 No.293

経絡治療学会主催の
第54回鍼灸経絡治療夏期大学開催される

経絡治療学会(岡田明三会長)が主催する第54回鍼灸経絡治療夏期大学が8月5~7日の3日間、東京都江東区の東京有明医療大学で開催された。参加者は、普通科、高等科、研究科、研修科の4科に分かれて、「経絡治療」の基礎から応用までを学んだ。

 普通科では「診断(脈診)から基本証決定へ」をテーマに、六部定位脈診による診断と本治法を、高等科は「基本証から応用へ」をテーマに、祖脈診による診断とそれにもとづく治療を、研究科では「病理・病証から証決定へ」をテーマに、脈位脈状診による診断と治療を、研修科では「経絡治療の実際と原典の学習」をテーマにした内容を、それぞれ学習した。

 このほか、2日目の夜にはナイトセミナーがあり、黒岩弦矢氏が「気味を用いた選穴法」について講義を行った。また3日目の午後には夏期大学恒例の全科共通実技が行われた。

写真:夏期大学での講義の様子

経絡治療学会のHP≫≫≫http://www.tjmed.com/


手渡しで伝えたい「情報コーディネート鍼灸」セミナー
日時 2012年10月14日(日) 13時~17時(受付12時30分~)
内容 手渡しで伝えたい 情報コーディネート鍼灸』の著者が提唱する「情報コーディネート鍼灸」の理論と技術
講師 宮村健二(あんしん堂鍼灸院院長)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer030.html




トップページにもどる