週刊 あはきワールド 2012年9月5日号 No.295

漢方鍼医会20周年記念大会
および第18回夏期学術研修会開催される

漢方鍼医会(新井康弘会長)の20周年記念大会および第18回夏期学術研修会が8月25~27日の3日間、東京都文京区の東京ガーデンパレスで開催された。「これからの漢方はり治療―証決定と臨床の間にあるもの」をテーマに掲げ、20周年記念大会では特別講演2席と20周年記念パーティー、夏期学術研修会では学術研修や臨床実技研修が行われた。

 25日に行われた20周年記念大会ではまず、開会宣言を実行委員長の神岡孝弘氏、開会の辞を会長の新井康弘氏が述べたあと、山口創氏(桜美林大学心理・教育学系准教授)による『皮膚感覚の不思議-触れる! 安らかな心・よみがえる身体』 と、池田政一氏(漢方陰陽会会長)による『私の履歴書 古典治療と出会って』の特別講演2席が行われた。その後、20周年記念パーティーが盛大に催された。

 26、27日の夏期学術研修会では、会長講演「漢方はり治療のあゆみ」(新井康弘氏)や基調講義「漢方はり治療の未来に向かって」(神岡孝弘氏)のほか、学術研修として、パネルディスカッション「これからの漢方はり治療-証決定と臨床の間にあるもの」が行われた。パネルディスカッションの司会は新井敏弘氏と野中くに子氏で、パネリストして森本繁太郎、隅田真徳、斉藤充の3氏が登壇した。また、2日間にわたって行われた臨床実技研修は、基礎研修や漢方はり治療の臨床研修、総合治療といったカリキュラムで構成され、参加者は熱心に研修に励んだ。

写真上:20周年記念大会の様子
写真中:開会の辞を述べる新井康弘氏
写真下:特別講演の山口創氏(左)と池田政一氏(右)

◎漢方鍼医会のHP≫≫≫http://www.kanpouhariikai.com/index.html


手渡しで伝えたい「情報コーディネート鍼灸」セミナー
2012年10月開催
日時 2012年10月14日(日) 13時~17時(受付12時30分~)
内容 手渡しで伝えたい 情報コーディネート鍼灸』の著者が提唱する「情報コーディネート鍼灸」の理論と実技
講師 宮村健二(あんしん堂鍼灸院院長)
会場 東京都内
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer030.html

第13回あはき師のための在宅ケア実践セミナー
2012年12月開催
日時 2012年12月15日(土)午後1時~午後5時(受付12時30分~)
2012年12月16日(日)午前9時30分~午後4時30分(受付9時~)
内容 あはき師のための在宅ケア実践マニュアル 』をテキストにして“解剖学的肢位(AZP)理論に基づく在宅ケア”の実技習得を目指す
講師 西村久代(株式会社訪問リハビリ研究センター代表取締役)
会場 山野医療専門学校(東京都渋谷区)
詳細 http://www.human-world.co.jp/seminer/seminer031.html




トップページにもどる